やる気が出ない40代女性

やる気が出ない40代の主婦、どうしよう?

 

30代ぐらいまではテキパキと色々なことに対応してきたのに、40代になると理由もないのになぜか、

 

「体が重い」
「だるい」
「眠くなってしまう」、
「不安感に襲われる」
「やる気がでない」

 

などと感じたことはありませんか?
40代ともなると、それはよくあることです。

 

30代ぐらいまではまだ体力がある時期。
だから、20代の頃と同じようなペースで活動しても心身ともにあまり影響は出ないことの方が多いです。

 

でも、これが40代になると、ちょっと事情が違ってくるようです。
体が変化していることが大きな原因と言えますが、これまでになかった感覚なので戸惑ってしまいますよね?

 

だからといって、このまま放っておくのは嫌ですよね?

 

だってこれらの症状ってはっきり言って「不快」ですから。

 

40代の主婦って本当に忙しいです。
家事や育児は24時間体制で臨まなくてはいけないし、さらに外に働きに出ている主婦もいますよね。
あなたがやらないと、家の中がうまく回りません。

 

あなたが「やる気が出ない」状態だと家の中が困ってしまいます。
それに、あなた自身も楽しくありませんよね?

 

そんなときに試してみていただきたいのが以下の8つです。

 

 「やる気が出ない」に試してみたい8つの対策法 

 

1. 外を散歩する。

 

ちょっと歩いてみるだけで、かなりの気分転換になります。
血行もよくなって体が温まりますし、外の新鮮な空気を吸う事で頭と体がたくさんの酸素を取り入れてリフレッシュすることができます。

 

近くに森林があれば理想的ですが、普通の散歩でも十分です。

 

 

2. 今いるところから離れてみる。

 

とにかく、頭の切り替えをしてみます。
30分〜1時間ぐらいその場から離れてみましょう。

 

それでもまだやる気が出ないようなら、ストレッチ、「ラジオ体操」、または音楽に合わせて「踊る」というのもお勧めです。
血行を良くすることで体にエンジンがかかるかもしれません。

 

職場ではストレッチをするぐらいにとどめて起きましょう。
いきなり席を立って1時間ぐらい行方不明になったり、ラジオ体操やダンスが始まると、周りの人がびっくりしますから。

 

 

3. 何でもいいから始める

 

目の前にある仕事、例えば「洗濯物の山」とか「アイロン仕事」があるなら、とりあえず

 

「タオルだけをたたむ」とか
「ハンカチだけアイロン掛けする」

 

をしてみましょう。

 

身動きがとれないのは、やることを一気に考えすぎているからかもしれません。
そのため、小さいことを一つ始めてみると意外と次の動作に移りやすいものです。

 

試してみてください。

 

 

4. 旅行に出かけてみる。

 

普段の生活から離れてみると、気分がリセットされたりリフレッシュされたりするものです。

 

旅行先からあなたの普段の生活を客観的に観ることができるチャンスです。
気持ちの整理もつけやすくなりますし、もしかしたら、新しい発見や新しいアイデアが浮かんでくるかもしれません。

 

 

5. 友だちと出かける

 

仲のいい友だちとおしゃべりをしながらショッピングに行ったり、映画を観たり、食事をすると気分が発散するものです。

 

 

6. 新しいことを始めてみる

 

何か新しいことをしてみると、あなたが想像しているよりもワクワクしながら「やってみよう」と感じることが多いです。

 

なにも新しい道具を一式そろえて趣味を始めるということではなく、家の食器を一新してみるとか、使っている洗剤を変えてみるとか
あなたの髪型を変えてみるとか、家の模様替えをしてみるといったことで大丈夫です。

 

 

7. 家の掃除をする。

 

あなたが「家事をする気がない」と感じているなら、これはちょっと難しく聞こえるかもしれません。

 

でも、不要なものを捨てて部屋を掃除をするという行為自体が頭をリフレッシュさせてくれる作用があります。

 

「ああ、あの雑誌どうしよう、読まなくちゃ」とか、
「あの食器、いただいたんだけど好きじゃないのよね」

 

とか、そういった家の中のあなたにとって不要なものや汚れがあなたの気分を落ち込ませているのかもしれません。
掃除に関してはハウスクリーニングをお願いしてきれいにしてもらうという方法もあります。

 

 

8. 栄養のある野菜や果物をたくさん取る。

 

食生活を見直すことで体調が改善することがよくあります。
新鮮な食材、特に野菜や果物を積極的に取ることもおすすめです。