やる気が起きない40代女性

やる気が出ないのは胃腸が弱ってきているからかも?

 

「疲れている」
「やる気が出ない」

 

と感じるのは、胃腸がくたびれてきているからかもしれません。

 

私は「疲れてやる気が起きなかった」ときに、自分の体とよく向き合って生活習慣の見直しを図りました。
その中でも一番重要だったのが食事の内容です。

 

私たちの体は「私たちが食べたもの」でできています。

 

40代はなおさら食事の内容に注意する必要があるようです。

 

 

 

あなたの食生活は若いころのまま?

 

もしかしたら、あなたの食生活は若いころの内容とほとんど同じではありませんか?
「疲れてしまってやる気が出なくなった・・・」と感じるときには、少なからず食事の内容も関係してくる場合があります。

 

若いころはエネルギーにあふれていたので、少々、

 

  • ジャンクフードの日々が続いたり、
  • ダイエットで食事を抜いたり、
  • 忙しくて缶コーヒーだけだったり、
  • 飲み会が多く、脂っこいつまみが多かったり、
  • 好きなものをお腹いっぱい食べていたり、

 

といった生活でもかなり平気だったのではないでしょうか?
それで、ちょっと休んだら回復してしまったり・・・。

 

私は若いころ、
「インスタントラーメン、コンビニのお弁当、それからサプリメントで暮らしていけるのでは?」
と、本気で思ったことがあります。

 

40代になると、体のすべての機能が徐々に衰えてくるのが自然です。
胃腸も例外ではありません。

 

だから、胃腸に負担をかけないような食事の仕方を意識していくのがおすすめです。
特に、暴飲暴食をしたり、お腹いっぱいになるまで食べたりといったことは注意が必要です。

 

内臓をあらす原因にもなるし、食べたものがうまく代謝されずに脂肪となり中年太りにつながってしまうからです。
「腹八分目に医者いらず」と昔から言われるように、満腹になる手前で食事が終わるようにするのが理想的です。

 

また、ダイエットをしたことがあるなら「水をたくさん飲む」ことを実行したことがあるかもしれません。
でも、40代での水の飲みすぎは、

 

  • 体を冷やしてしまったり、
  • うまく水分が体の外に排出されず水がたまった状態になってしまったり、
  • 胃液が薄くなって消化の邪魔をしたり

 

・・・といった問題を引き起こす可能性もあります。

 

東洋医学では水を飲み過ぎてかえって体調を悪くしてしまうことを「水毒」と呼んでいます。
40代で健康のために水を大量摂取するなら、体の調子を見ながら行うべきです。

 

私は以前、ダイエット目的と、腸内洗浄プログラム目的で水を大量に飲んだことがあります。
腸内洗浄をしたときは、便通が毎日ありましたが、午前中に大量に水を飲まなくてはいけませんでした。

 

「水を一気にたくさん飲む」ということ自体が自分の生活には不自然なことだったので朝から不快でした。
そして、体が冷えるような感覚を覚えたし、大量の水は苦しいだけだったので私には合いませんでした。

 

 

 

40代の食生活が不規則だと・・・

 

食生活の見直しは、自分の体の調子をよく観察しながら行うといいです。

 

基本的には、

 

  • 腹八分目を心がける
  • 栄養のある食事
  • 体を温める食事
  • 脂っこくない食事
  • 刺激が少ない食事
  • 薄味の食事

 

といったことを意識するだけでもだいぶ違います。

 

加えて、

 

  • ストレスはその日のうちに発散しておく、
  • 疲れすぎるほど仕事や運動しない、
  • 夜更かしをやめる

 

といったことも胃腸をいたわり、強化するのに役立ちます。
なぜなら、ストレス、疲れ、夜更かしは胃腸にも負担をかけるからです。

 

 

 

おわりに

 

「やる気が出ない」対策に、私は食事面も見直しました。

 

それまで、朝食はとったりとらなかったりでした。
これはお腹が空いたり空かなかったりとムラがあったためです。
それを、「基本的に味噌汁だけ」というように決めたら、午前中は楽になったし体もすっきりしました。

 

その他の食事は和食を「一汁三菜」になるようにとりました。
40代になると、そんなに量は食べられなくなったので、たくさんの種類をすこしずつ食べるようにしました。
それによりできるだけ多くの栄養素を取るようにしました。